新着情報

  • 2017/04/19
  • イベント・観光情報

のとキリシマツツジ!

能登半島はキリシマツツジの日本一の集積地です。

樹齢百年以上の古木が500本以上点在しています。

キリシマツツジはとても手間が掛かります。

施肥、剪定、水やり、コケの除去など手間をいとわぬ能登人の粘り強さがキリシマツツジを残した言われています。

たった10日しか咲かない花のための355日の手入れ、能登人の内に秘めた情熱を表す深紅の花!

持ち主が自宅の庭を開放する「のとキリシマツツジ・オープンガーデン」が別添のパンフレットで確認できます。

画像はパンフレットの3番「山崎修平宅」のキリシマツツジです。

花言葉は「燃え上がる愛」。

一度、ご覧になられては如何でしょうか!?

5月上旬までが見頃となっています。

この記事をシェアする

PAGETOP

サイズ