能登観光

九十九湾

25

観光する

九十九湾 (つくもわん)

九十九湾は、大小さまざまな入り江からなるリアス式海岸で、日本百景の一つに選ばれています。
東西1キロ、南北1.5キロの小さな湾です。
入り組んだ海岸線は13キロに及び、入り江が数多くあるところから「九十九湾」という名が付いたといわれています。

湾の中央には、うっそうとしたスダジイに覆われ、マツやカツラが繁茂している「蓬莱島(ほうらいじま)」と呼ばれる島があります。
箱庭のような海岸線を廻る遊覧船は、江戸時代の渡し船の風情を思い起こさせます。
九十九湾沿岸部には周遊観察路があり、海の生物を見ながら歩いて回ることができます。
また、湾内を航行する遊覧船や、野営場もあり、人気のスポットとなっています。

拡大・縮小は左上にございます[+][-]のボタンで行えます。地図をドラッグできます。

MAPを開く

PAGETOP

サイズ